よくあるご質問

塗料について

  • 水性塗料は雨にぬれるとどうなるの?
  • 乾いた後なら全然平気です!油性塗料となんら変わらない強さを持っています。
  • ニスとペンキってどう違うの?
  • マヨネーズやアイスのように成分による法的な区分けはありませんが、塗料の中でも木材に塗装してその木目を生かす塗料をニス、下地を塗り潰して仕上げる塗料をペンキと呼ぶことが多いです。
  • 油性やウレタンってどういう意味?
  • 使っている材料によって区分するときの呼称です。 水性、油性、水溶性、ラッカーなどは塗料に含まれる溶剤の種類で分けた呼び方。 ウレタン、アクリル、エポキシなどは、塗料に含まれる樹脂の種類で分けた呼び方となります。 溶剤による分類は、主にうすめ液の選び方や塗り重ねの相性に影響が出る分け方、樹脂による分類は、主に仕上がった作品の強度などに影響が出る分け方となります。
  • 使い残した塗料を保存する方法は?
  • 残った塗料は適当な大きさの密閉できる容器に入れ保存するのが良いでしょう。 製品缶で保存する場合はしっかりフタをして密閉しますが、残った量が少ないとうまくいかないことがあります。なお、低温や高温での保存は適さないので注意してください。 水性の場合、水を 入れた塗料は水が腐るので、保存はできません。 油性は、ペイント薄め液を少量加え混ぜずにそのままフタをしましょう。こうすれば乾燥して塗料の表面に皮膜が出来るのを防げます。
  • 塗料を廃棄する方法は?
  • 塗料は使い切ってください。やむを得ず塗料を捨てるときは、新聞紙などに塗り広げ乾燥してから一般ゴミとして処分してください。

塗り壁について

  • マンションの室内の壁ですが塗り壁に出来ますか?(室内)
  • 壁と天井の両方に施工でき、結露やひどくカビのある部屋には効果的です。
  • クロスと比べると価格は高いと感じます。
  • 材料自体が高く、施工の手間もかかりますので割高になりますが、クロスにはでない質感・風合があります! 消臭効果もありタバコ・ペット等の臭いの気になるお部屋には最適です。
  • パーシモンEウォールは漆喰や珪藻土と何が違うの?
  • 珪藻土製品は吸湿効果がありますが、 飽和状態になると有害物質の再放出や カビ発生のリスクが高まりますが、柿タンニンがを入れることで防カビ効果で安全性も高まります。
  • パーシモンEウォールはどのように壁に塗装するのですか?
  • コテ塗り、ローラー塗り、吹き付け塗り塗装など、自由自在に塗装が可能です。

フローリングについて

  • 床材に茶色い筋や木目のゆがみ、等があるのはなぜですか。
  • 天然木には、さまざまな表情があります。樹木の成長過程で、たとえば枝や皮が包み込まれたり、傷を治したりした痕が、節や入皮、筋などとして現れます。これらは自然の生き物としての木を使っている証と言えます。
  • 床材の色が変化してきました
  • 木材製品はお使いいただいている間に、太陽光や照明など光の影響により除々に色が変わったり退色したりすることがあります。 これは天然木ならではの自然な性質です。
  • フローリングの色はどのように選べばよいでしょうか?
  • 明るい色は空間を広く感じさせ、濃色系のものですと高級感、モダンな雰囲気になります。置く家具の雰囲気に合わせて選んでも良いでしょう。
  • 色は9色以外にはないのでしょうか?
  • 色付きフローリングの色は9色ですが、25色の塗料も取り扱っておりますので、DIYで自分のお好みでカスタムが可能です。
  • 電気カーペットは使えますか
  • 電気カーペット対応の床材であれば使えますが、電気カーペットと床材との間にカーペット等を敷いて熱をやわらげることをおすすめします。

うすめ液について

  • 塗料はいつもうすめて使用するのですか?
  • 塗料はうすめずに使用できるように作っていますが、塗りにくいときや粘度が高いときなどは適量うすめて使用してください。またスプレー塗りをするときには、粘度調整のためうすめます。 シーラーなどはうすめず、そのまま塗ります。
  • うすめ液はどうやって選べばいいの?
  • 使用する塗料のラベルや容器、またはその商品を紹介している各メーカーのホームページなどに、適したうすめ液の種類が記載されています。 あらかじめ確認して、塗料にあったうすめ液を使用してください。 相性の悪いうすめ液を使用すると、塗料が濁る、混ざらない、塗ったあと乾かないなどの不具合が起こる場合があります。
  • うすめ液は始めに一気に入れるものでしょうか? 塗っているうちにまた塗りにくくなって来たら薄めても良いものなのでしょうか?
  • 塗りにくくなかったら薄めて大丈夫です。ただ、薄める前と後で濃さが変化するため、できるだけ薄めたらしっかり攪拌をしてなるべく追加で薄めない方が、綺麗に仕上がります。